引越しで追加料金が発生するケース

引越しで追加料金が発生するケース

 

 

引越しには、追加で料金が発生することがあります。

 

 

例えば、道幅が狭くてトラックを横付けできず、
離れたところに止めて荷物を搬入、搬出しなければいけないケース

 

 

あるいは、マンションやアパートの通路の幅が狭くて
大きな荷物が運べず、窓から搬入しなければいけないケース

 

 

そして、アパートの3Fにある部屋から荷物を搬出する場合や
逆にアパートの3Fに荷物を搬入するケースで
エレベーターが使えないケース

 

 

お客さんの都合で引越し開始時間が大幅に遅れたケース。

 

 

見積もり時から荷物が増えているケース。

 

 

 

このようなケースでは、追加料金を取られます。

 

 

クレーンを使った場合の追加料金

 

荷物を高所作業車(ユニック・クレーン車)を使って
窓から搬入した場合にかかる料金の例として
ある引越し会社では、下記のようになっています。

 

 

作業名

円(税込)

手吊り作業

18,900〜

2tユニック(〜3点まで、2Fまで)

21,000〜

2tユニック(3F以上・4点目以降)

各+5,250

2tユニック(1点、2F設置込み)
その他別途見積り

23,100〜

 

 

エレベーターを使えない場合の追加料金

 

3F以上でエレベーターが使用できない場合は、
階段で大きな荷物を持って上がらなければいけないので
それにより人員の数を調整しなければいけなくなります。

 

 

また、重い荷物を抱えて、階段を上り下りすることによって
荷物を破損するリスクが高まるので
それも追加料金を取られる理由となっています。

 

 

 

多くのエレベーターの無い住居では階段での搬出・搬入が行われます、
いずれの場合でも、通路が狭隘で折り返しての動作が必要。その結果、
作業時間が大幅にかかるこことで加算料金として設定されます。

 

 

料金は、1階、階段を使うごとに
1000円〜2000円程取られます。

 

 

例を挙げると
エレベーターのない3階のアパートから
エレベーターのない2階のアパートに引っ越す場合
1階ごとに1000円が設定されている引越し会社の場合だと

 

1000円×(3−1)+ 1000円×(2−1)= 3000円

 

となるので追加料金として3000円取られることになります。

 

 

依頼者のミスで発生する追加料金

 

引越しを依頼する側のミスで
追加料金が発生することもあります。

 

 

 

見積もりの時に持っていかないと言っていた
タンスを持っていくことに変更したが
引越し業者に連絡するのを忘れていた。

 

 

 

2mくらいの植木を
持っていくと伝えていたが
引越し業者が来た時に測ると3mあった。

 

 

 

これらのように見積もり時の荷物の内容に
に変更があった場合は、
その時点で引越し会社に電話して
変更を伝えましょう。

 

 

それによりトラックのサイズが変わることがあるので
当日に伝えて、トラックに入らないとなると
大幅に料金が上がってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

 

引越し開始時間になっても
荷造りが終わらなくて
開始時間が大幅に遅れてしまった。。。

 

 

引越し会社は、次の予定も入っています。
荷造りが終わってないと
引越し会社も手伝って急いで荷造りをすることになるので
有料の梱包サービスを利用したことになるので
当然、追加料金を取られます。

 

 

また、自分で急いで荷造りをしても
引っ越し業者を待機させることになると
待機料金を請求されます。

 

 

荷造りは、計画的に進めて
引っ越し前日には、済ませておきましょう。

 

 

単身パックで追加料金を取られた例

 

大手の引越し会社の単身パックを使いました。2.5uのコンテナで28,350円という料金です。家具や家電も特になかったのでこれで十分と思い申し込みました。当日、トラックが来て荷物を積んでいきました。その後、引っ越し会社から電話があり、コンテナに全部乗らなかったので追加料金が2万5千円かかると連絡がありました。倍の料金を請求されて納得がいかないです。

 

 

この例を見て分かるのは、おそらくこの人は、コンテナに入りきらなかった場合は、その場でオーバーした荷物だけ別で運ぼうと考えていたと思います。しかし、実際は、その場でコンテナに積まずにトラックで荷物を集荷して行き、後でコンテナに積んでオーバーした分の追加料金を請求してきたことです。本人は、28,350円で済ませる予定だったのに2倍の金額を請求されています。単身パックを利用する場合は、こういうケースがあることを知っておいて、見積もりの時に、事前にコンテナに入りきらなかった荷物は、自分で運ぶと伝えておくと伝えて、書面で残しておくようにしましょう。

 

 

オプションの設置サービスで追加料金を取られたケース

 

サカイの引越しで壁掛けテレビの設置をオプションで頼みました。 契約時には、設置代として6000円かかると言われ、それで契約しました。引越し当日、サカイと提携している業者がやってきて、「お客さんが用意されていた設置するためのビスが合わないのでこちらのビスを使ってもよろしいですか?」と言われ承諾しました。その2日後にサカイから連絡があり、部品代として5000円を請求されました。そんな話聞いていませんでしたし、5000円もかかるなら最初から頼んでいませんでした。

 

このケースでは、違うビスを使うと言われた時に、費用を確認していなかったことが失敗につながりました。業者が説明しないのも問題ですが予定と違うことが起こった場合、必ず引越し会社に連絡を入れて料金が変わらないか確認するようにしましょう。