引越しする時にかかるお金

引越しする時にかかるお金

 

住んでる部屋を変えるとなると
様々なお金が必要になってきます。

 

 

大きく分けると主に3つです。

 

 

  1. 引越し費用
  2. 家具や家電などを買うお金
  3. 新しく部屋を借りるお金

 

 

引越し費用は、単身の県内の引越しなら
2万円〜5万円位かかります。
家族の引越しとなるとこの倍くらいです。
詳しい引越し料金は、引越しの相場を見ておきましょう

 

また部屋を変えると
なにかと新しく購入するものも出てきます。
引越しを機会に家具や家電を買い換える人もいますし、
以前使っていたものでも新しい部屋に合わずに
買い換えるものも出てきます。

 

 

最後に新しく部屋を借りるお金です。
これが一番お金がかかるので
ここで詳しく説明していきます。

 

 

前家賃・申し込み金

前家賃は、契約する際に1ヶ月分支払います。
月の途中の場合は、日割り計算をして
その分を支払います。
申し込み金は、物件を抑えるために預けるお金です。
キャンセルした場合は、原則返金されます。
一時的に必要になってくるので
申し込み金も計算に入れておきましょう。

 

 

敷金

敷金は、大家さんに預けておいて
退去する時に修繕費を差し引いて
返金されるものです。
関西では、保証金といいます。
相場は、家賃の1〜3ヶ月分ですが
最近は、敷金なしの物件も増えてきています。

 

 

礼金

大家さんにお礼として支払うお金です。
昔からそういう習慣があり、
こちらも家賃の1〜3ヶ月分を支払いますが
敷金と違って返金されることはありません。
最近は、礼金もなしという物件も増えています。

 

 

家賃

家賃は、入居、退去の月は、日割りですが
基本は、月額で支払います。
家賃以外に管理費が必要な場合もあるので
そちらも含めて家賃と考えましょう。

 

 

仲介手数料

不動産屋さんに部屋を紹介してくれたお礼に
家賃の1ヶ月分を支払うケースがあります。

 

 

住宅保険料

一人暮らしの物件の場合、
主に火事に備えて保険の加入が必要な場合もあります。

 

 

こうやってみていくと戻ってくるものを含めて、
初期費用が結構かかることがわかります。

 

 

引越しをする前に
計画的にお金を貯めておきましょう。