引越しでの高校の転校

引越しでの高校の転校

 

 

引越しで一家に高校生がいる場合は、
転校する高校を探さなければいけません。

 

 

転校の条件としては、
公立でも私立でも一家転住が条件です。
一家で引越しするなら問題ありません。

 

 

行きたい高校の編入試験に落ちた人が
転校を理由になんども同じ高校を受けられないようにするために
一家転住という条件が付けられています。

 

 

まずやることは、希望する高校の
転校での受け入れ条件を知っておくことです。

 

 

これは、担任の先生に調べてもらってもいいですし、
自分で希望校に連絡して確認してもいいです。
希望する高校のサイトからメールで聞いてもいいです。

 

 

都道府県の教育委員会や
私立中学高等学校協会に問い合わせをして
定員が空いている高校を聞いてみてもいいです。

 

 

公立高校の場合は、
定員が決まっているので
空いている枠がない場合もありますし、
あっても僅かなので希望通りいかないことが多いです。

 

 

私立高校の場合は、
比較的受け入れてもらえる事が多いので
公立が厳しい場合は、私立も考えておきましょう。

 

 

また、試験については、
高校レベルの問題での試験になるので、
高校入試より少し難しいです。

 

 

ワンランクレベルを落として行く人も多いです。
しかし、成績に自信がある人は、上を目指してみましょう。

 

 

また、自分の成績で希望校に受かるかといった悩みは、
担任の先生に相談してみましょう。

 

 

また、高校によって授業のカリキュラムが大きく変わり
前の学校で習っていない分野を
転校先の学校では、授業が済んでいるケースもあります。

 

 

そのような場合は、大学受験で不利になるので
その辺りも相談してみましょう。

 

 

定員の枠が開いていて、編入試験を
受けさせてもらえることが確認できたら出願しましょう。

 

 

編入試験に合格すれば
在学中の高校と転校先の高校で
手続きをした後に、転校できます。