車の住所変更

車の住所変更

 

 

先日、他県へ引っ越し、
住民票を現在の住所に移しました。
そして、現在、前の住所で乗っていた車に
そのまま乗っていますが何か問題はありますか?
車検証に記載された住所は、
現在の住所に変更したほうがいいのでしょうか?

 

 

まず決まりとしては、車検証に書かれている住所と
実際に住んでいる住所が変更した場合は、
住み始めてから15日以内に住所変更の手続きを
しなければいけないことになっています。

 

 

車検証の住所を変更するには、
住んでいる住所の車庫証明もいるので
15日以内に手続きを終わらせるには、
早めに動いたほうがいいです。

 

 

しかし、実際に車検証の住所変更の手続きを
していない人も結構いるようで
次の車検の時にやってしまう人もいるようです。

 

 

車検証の住所を変更しないディメリット

 

 

車検証の住所を変更しない場合の
ディメリットとして考えられるのは、
自動車税の請求が車検証に記載された住所に
郵送されるということです。

 

 

ただし、郵便局に転送届の申し込みをしておけば
1年間は、前の住所の郵便物を現在住んでいる住所に
転送してもらうことが可能なので
車検までに税金の支払い日が1回あるだけの場合は、
転送届の申し込みをしておけば住んでいる住所に届けてもらえます。

 

 

次に車を売りたくなった場合や廃車にしたくなったときに
車の所有者と契約者が同じか確認するので
それを証明しなければいけません。

 

 

通常は、免許証と車検証を見せて
同姓同名で住所が同じだと本人とみなされます。

 

 

しかし、免許証と車検証の住所が異なると
同姓同名の違う人が車を売ろうとしている可能性もあるので
車買取店は、買い取ってくれません。

 

 

車検証の住所を変更しないと
このようなディメリットがあることを
知っておきましょう。

 

 

車検証の住所変更の手続きの方法

 

 

次に車検証の住所変更の手続きの方法です。
手続きを行う場所は、陸運支局です。

 

 

まず引越し前と引越し先の
それぞれの住所の管轄の陸運支局が同じ場合は、
ナンバープレートは、そのままでいいですが
管轄が変わる場合は、
ナンバープレートも変更しなければいけないので
その車に乗っていく必要があります。

 

 

陸運支局に持っていくもの

 

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 住民票(3ヶ月以内に発行したもの)
  • 車庫証明(1ヶ月以内に発行した新住所のもの)

 

 

この4つです。

 

 

代理人に手続きを依頼する場合は、
委任状が必要になりますので
ネットでテンプレートをプリントアウトして
依頼者本人が書いて押印したものを持っていきましょう。

 

 

陸運支局についたら

 

 

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

 

 

の3つを手に入れて
必要事項を記入して提出しましょう。

 

 

陸運支局が変わる場合は、
ナンバープレートの変更が必要なので
手続きの後、新しいナンバープレートを受け取りましょう。
ナンバープレート代は、2000円程です。