テレビの処分方法

テレビの処分方法

 

 

テレビは、家電リサイクル法の
対象品目に入っています。

 

 

よって市の粗大ゴミで捨てようとしても
回収してもらえません。

 

 

ちなみに家電リサイクル法の対象品目は、
下記のようになっています。

 

 

  • ブラウン管テレビ
  • 液晶・プラズマテレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

 

 

テレビを処分を依頼する場所

 

廃棄するだけの場合は、
その商品を購入した店に引取り義務があります。

 

 

買い換える場合は、
新しいテレビを購入するお店に引取り義務があります。

 

 

ですからテレビの購入店に引取り依頼をしましょう。

 

 

もしテレビも買い換えないし
どこで購入したかもわからない場合は、

 

 

近くの家電の小売店に
リサイクル料金と収集・運搬料を払って
引き取ってもらうか、

 

 

郵便局でリサイクル料金と振込手数料を支払い、
各メーカー共通の指定引取り場所が全国に380箇所あるので
そこに搬入しましょう。

 

 

テレビの処分するための手数料

 

テレビを処分するためにかかる手数料は、
リサイクル料金と収集・運搬料金
の合計を支払います。

 

リサイクル料金 + 収集・運搬料金 = テレビの処分にかかる手数料

 

 

まずリサイクル料金の例を挙げます。

 

例えば
ソニー、パナソニック、東芝
の場合ですと下記のようになります。

 

 

ブラウン管式 15型以下 1,785円
ブラウン管式 16型以上 2,835円
液晶・プラズマ式 15V型以下 1,785円
液晶・プラズマ式 16V型以上 2,835円

 

 

サムスン電子ジャパン株式会社
の場合ですと下記のようになります。

 

 

ブラウン管式 15型以下 2,835円
ブラウン管式 16型以上 2,835円
液晶・プラズマ式 15V型以下 2,835円
液晶・プラズマ式 16V型以上 2,835円

 

 

リサイクル料金は、どこも大体これくらいの金額ですが
メーカーにより多少異なります。

 

 

気になる方は、処分を依頼する前に
メーカーに確認してみましょう。

 

 

収集・運搬料金の方も例を挙げます。
例えばベスト電器ですと
テレビを買い換えた場合は、収集・運搬料金は、730円。
引き取るだけなら店頭持ち込みで1050円。
引取りだけで家まで取りに来てもらう場合は、3355円。
となっています。

 

 

収集・運搬料金も業者が独自に決めているので
大体似たような金額ですが多少異なります。