引越しでの不用品の処分

引越しでの不用品の処分

 

 

引越しで荷物の整理をしていると
様々な不用品が出てきます。

 

 

小さなものから大きなものまで
中には、どうやって処分すればいいの?
と悩んでしまうものまで出てきます。

 

 

そこでこのページでは、様々な不用品の処分方法を解説します。

 

 

まず、売れるものから処分していきましょう。

 

 

インターネットなどで
家の近くのリサイクルショップを探して
電話で買い取ってくれるか確認しましょう。

 

 

役所での粗大ゴミの処分や
専門業者に引き取ってもらうには、お金がかかります。
少しでも値段が付いたり、無料で引き取ってもらえるなら
リサイクルショップで処分しましょう。

 

 

リサイクルショップで拒否されたもので使えそうなものは、
知り合いに必要かどうか聞いてみましょう。
誰か引き取ってくれればお互いにWINWINです。

 

 

誰も引き取り手がいない場合は、
粗大ゴミとして処分することになります。
粗大ゴミの処分の手数料は、
住まいの自治体によって物や大きさによって決められています。

 

 

申し込みの流れとしては、
自治体に電話をして、粗大ゴミの種類を伝えて
手数料がいくらかかるか教えてもらいます。

 

 

そして役所やコンビニなどで
粗大ゴミの手数料分のシールを購入します。
自治体から指定された日に
粗大ゴミに名前を書いたシールを貼って
目立つ場所に出しておきます。
すると勝手に回収してくれます。

 

 

粗大ゴミの処分にかかる手数料は、
食器棚とかタンスのような大きなものでも2000円くらいです。
あとは、数百円のものが多いので
それくらいの金額だと思っておきましょう。

 

 

ちなみに洗濯機、エアコン、テレビ、冷蔵庫といった
家電リサイクル法で指定された製品は、
購入店か買い替え店で引き取ってもらうことになっています。

 

 

購入店がわからない場合や家から離れている場合は、
家電リサイクル券を発行できる協力店か
市区町村が指定する引取所に引き取ってもらいましょう。

 

 

またパソコンもメーカーに回収の義務があるので
メーカーに送ることになります。

 

 

自治体の粗大ゴミのサービスを利用する以外では、
引越し業者の不用品の引取りサービスがあります。

 

 

ただし、引取り手数料は、
自治体の方が安いケースが多いので
自治体で処分したほうがいいかもしれません。