引越し 転出届

引越しでの転出届について

 

 

 

 

引越しで他の市区町村や国外へ転出する場合、
転出届を出さなければいけません。

 

 

届出をするのは、
転出する本人 or 代理人 or 世帯主です。

 

 

代理人が届出をする場合は、
委任状が必要です。

 

 

印鑑(認印)が必要な場合もあるので
持っていきましょう。

 

 

窓口では、本人確認を行うので
運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真入)などを
用意しておきましょう。

 

 

転出届を出すと印鑑登録は、
記入した転出日をもってなくなります。

 

 

国内の引越しの場合、転出届を出すと
窓口で転出証明書を受け取ります。
これは、転入届を出すときに必要なので大切に保管しておきましょう。

 

 

ちなみに 転出届は、郵送で行うこともできます。

 

 

 

転出届で必要なもの

 

必要書類

 

  • 住民異動届(窓口で入手できます。)
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 委任状(必要な方のみ)

 

郵送の場合の必要書類

 

  • 転出届(役所のサイトでダウンロード)
  • 返信用封筒(80円切手)
  • 本人確認書類のコピー

 

 

転出届の期限

 

 

転出予定日の2週間前から
転出届を出すことができます。

 

 

転出届の書き方

 

記入するのは、下記の項目です。

 

 

  • 電話番号
  • 届出人氏名
  • 届出人住所
  • 届出日
  • 引越し日
  • 旧住所
  • 旧世帯主氏名
  • 新住所
  • 新世帯主氏名
  • 転出される人全員の氏名と生年月日と性別と続き柄
  • 本籍(外国籍の方は国籍・地域)
  • 筆頭者氏名

 

 

転出届の取り消し

 

会社で数ヶ月別の支店で指導することになり転出届を出しました。
しかし、数ヶ月で戻って来れるため、
会社から住民票を移す必要は、ないと言われました。
転出届を取り消したいのですがどうしたらいいですか?

 

 

転出取消の届出をすれば
住民票が転出届出前の状態に戻ります。

 

 

おさらい

 

届け人

本人 or 世帯主 or代理人

期間

約2週間前から転出予定日まで

届け先

旧住所の市区町村役場

手続きに必要な物

届け人の印鑑
本人確認できるもの(運転免許証など)
代理人の場合は委任状

注意事項

「転出証明書」が発行され、他の手続きで使用するので保管しておく。